TOPICS

新着情報

修理・校正

ベックマン・コールター社製MET ONEパーティクルカウンター 校正・修理サービスの夏季休業につきまして

平素よりMET ONEパーティクルカウンターをご利用頂き誠にありがとうございます。

ベックマン・コールター社製MET ONEパーティクルカウンターの校正・修理サービス部門は、下記の日程で夏季休業となります。

2019年8月13日(火)~16日(金)

この期間中、お客様からの荷物の受け取りはできますが、校正・修理完了品の発送は休業明後となります。

お客様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどをお願い申し上げます。

展示会情報

JASIS 出展告知につきまして

弊社は、来る2019年9月4日(水)~9月6日(金)、幕張メッセ国際展示場にて開催されます『JASIS 2019』に出展致します。

この度新発売のオールインワン型ガス質量流量計「MASS FLOW MULTI-METER」や注目を集めているマスクフィットテスター、複数台の微差圧・風速測定を1台のスマートデバイスで管理できるAIRPRO等TSI社の人気製品を実機にてご紹介させて頂きます。

出展予定品:

TSI社製 ワイヤレス式風速計/粉塵計/超微粒子パーティクルカウンタ/気体質量流量計/風量計/マスクフィットテスター

ベックマン・コールター社製 MET ONE気中パーティクルカウンタ

VWR社製 浮遊菌エアーサンプラ

開催情報

会期:2019年9月4日(水)~6日(金)3日間 10:00~17:00

会場:幕張メッセ国際展示場 

ブース番号:展示会場 4B-406

ご来場の際は、JASIS Web事前入場登録(https://www.jasis.jp/visitor/)をご利用頂くとスムーズにご入場いただける他、特典がございます。是非ともご活用下さい。

ご不明点がございましたら、inst@transtech.co.jpまでメールを頂くか、お電話(03-5475-5656)までご連絡下さい。

その他

学術研究における粉塵計の利用【社外レポート】

様々なシーンで使われるTSI社製環境測定器。その具体例をご紹介させて頂きます。

 

日々変化していく環境を把握し、問題の早期発見・解決する為には専門家の研究がかかせません。

「空気・水・森林の化学情報を解読し、人と自然との共生の道を探る」

—そう標語を掲げている早稲田大学理工学学術院 創造理工学部 環境資源工学科の大河内 博教授率いる研究室では、環境に放出された無機・有機の様々な汚染物質の存在量を明らかにし、汚染物質がどのような経路で環境を移動し、その過程で環境やヒトに対してどのような影響を与えるのかを研究しています。

では、TSI社製環境測定器がどういった用途で使われているのかを見てみましょう。

 

CASE1:首都圏上空で,ゲリラ豪雨を作る“核”をとらえる

大気汚染物質がヒートアイランド現象により発生した上昇気流により上空へ運ばれ、PM2.5がゲリラ豪雨をもたらす雲を作る核となります。この現象により、ゲリラ豪雨が引き起こされる可能性があります。PM2.5を屋外で測定可能な「高性能粉塵計 リアルタイムダストエアロゾル・モニター」を、早稲田大学理工学術院のシンボルである“塔”の屋上(65 m)に設置し、首都圏上空におけるPM2.5の実態解明を行っています。

CASE2:富士山南東麗にて、PM2.5を一年間2分間隔で測定

 大気汚染物質を測定する上で、PM2.5(大きさが2.5μmより小さい粒子)のデータが必要になります。「高性能粉塵計 リアルタイムダストエアロゾル・モニター」にて、これまで明らかになっていなかった太平洋側における越境大気汚染の実態解明を目指しています。

CASE3:カンボジアの大気汚染とアンコール遺跡群への影響評価

高濃度PM2.5は健康被害やアンコール遺跡群など文化財の劣化を招きます。高濃度PM2.5を測定可能な「粉塵曝露モニター SIDEPAK」を用いて計則を行うことで、アンコール遺跡群周辺の大気汚染の実態解明だけでなく、熱帯性豪雨の発生に及ぼす大気汚染物質の影響解明を目指しています.熱帯地域における大気汚染と豪雨生成との関係を明らかになると,熱帯化しつつある日本における豪雨生成の将来予測にも役立ちます 。

世界各国の山頂・海岸・宇宙等で採用されているTSI社製環境測定器。その一例をお見せできたかと思います。

トランステックでは、信頼性の高い測定器を使用したエアロゾルソリューションで、産業・生活をサポート致します。

大河内教授研究室HP: https://www.okochi-waseda.com/ 

弊社取扱TSI環境測定器一覧:
https://www.transtech.co.jp/lineup/environmental-measuring-instrument

展示会情報

第21回 インターフェックス ジャパン 出展案内

弊社は、来る2019年7月3日(水)~7月5日(金)、東京ビックサイトにて開催されます

『第21回 インターフェックス ジャパン』に出展致します。

出展予定品:
ベックマン・コールター社製 MET ONE気中パーティクルカウンタ
TSI社製 モバイル式風速計/卓上型粉塵計/超微粒子パーティクルカウンタ/気体質量流量計
VWR社製 気中浮遊菌エアサンプラ
トランステック製 フィルタ完全性試験制御システム


また会期中、下記の日時において製品・技術セミナーを開催致します。

題目:製薬システムのDI対応:粒子モニタリングとフィルタ完全性試験

会場:西展示棟 W-1
日時:7月5日(金) 12:20~13:20

ご招待券をご希望の方は、inst@transtech.co.jpまでメールを頂くか、お電話(03-5475-5656)またはFAX(03-5420-0510)にてご請求下さい。

会期:2019年7月3日(水)~7月5日(金) 10:00~18:00(5日(金)のみ10:00~17:00)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟・南展示棟/青海展示棟
出展ゾーン:滅菌・クリーン化ゾーン
小間番号:西ホール2階 W18-84


上記地図の赤で囲まれている場所になります。
製品情報

TSI社製多機能熱式質量流量計 MASS FLOW MULTI-METER 新発売!

平素より格別のご愛顧ありがとうございます。

トランステック株式会社では、TSI社製新製品「多機能熱式質量流量計 MASS FLOW MULTI-METER」を販売開始致します。

本製品は従来の気体用質量流量計 Thermal Mass Flowmeter 4000シリーズの機能に加えて

・測定範囲の拡張
双方向流量測定・積算流量・湿度補正機能・差圧測定・相対湿度測定

・機能面
リアルタイムグラフ、FLO-Sightソフトウェアとの連携

等さらなる快適な測定の為に最適な機能が豊富です。

MASS FLOW MULTI-METERは医療機器の製造・サービスや研究・分析でご活用いただけます。

製品ページはこちらからご参照下さい

製品に関するお問合せは「CONTACT」よりお問合せ下さい。

修理・校正

TSI製 気体用質量流量計4000/4100シリーズ修理サービス終了のご案内

気体用質量流量計4000/4100シリーズ製品画像

平素よりTSI製品を御愛用頂き、深く御礼申し上げます。
 
TSI製 気体用質量流量計 Thermal Mass Flowmeter 4000/4100シリーズの一部につきまして、部品の入手が困難となったため、2019年12月31日をもって修理サービスを終了することとなりました。
 
修理サービス終了となる機器は以下の通りです。
 
Thermal Mass Flowmeter 4000シリーズ Rev. AからRev. E
Thermal Mass Flowmeter 4100シリーズ Rev. AからRev. C

なお、校正サービス及び4000シリーズ Rev. F以降/4100シリーズ Rev. D以降の機器の修理サービスについては引き続き承っております。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、引き続きのTSI製品のご利用を心よりお願い申し上げます。

詳細はこちらのPDFをご確認ください。
その他

ホームページリニューアルのお知らせ

平素より格別のご愛顧ありがとうございます。

トランステック株式会社はこの度、ウェブサイトのリニューアルを行いました事をご報告致します。この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し「新しく分かりやすく」情報をお伝えできればと考えております。

リニューアルにより、一部ページのURLが変更され、ブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」よりアクセスできなくなっている可能性も御座います。お手数おかけして申し訳ございません、再度登録をお願いいたします。

また、日頃から当ホームページを閲覧頂いているお客様はブラウザの履歴を削除していただくとリニューアル後のページになります。

今後も、お届けする内容含め、より良いWEBサイトの提供を目指してまいりますので、引き続きよろしくお願い致します。

ラストバイ

販売終了製品とアフターサービスについて

ラストバイ及び修理校正について

平素は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
構成部品の入手可能期間、製造方法の変遷等の理由により販売終了及び修理校正対応期間を設けさせて頂いております。
下記の製品につきまして、ご相談等ございましたらお手数ですが「CONTACT」よりお問合せお願い致します。

MetOneブランド パーティクルカウンター

・Met One Model 227A/B
製造終了:2012年6月31日
修理期限:2019年5月31日
後継機種:HHPC+シリーズ

・Met One Model 237A/B
製造終了:2014年5月31日
修理期限:2019年5月31日
後継機種:①HHPC+シリーズ3+及び6+
後継機種:②3400シリーズ 3413及び3415


TSI 環境測定器

粉塵曝露モニターSidePak Model AM510
後継機種:粉塵曝露モニターSidePak Model AM520

AccuBalance Model 8371及びAccuBalance Model 8375
後継機種:多機能キャプチャーフード型風量計 ACCUBALANCE AIR CAPTURE HOOD Model 8380

Endress+Hauser Wedgewood

指示計器600及び700シリーズ
(612透過度計、662UV計、670濁度計、683吸光度計、602 pH計および622導電率計
712透過度計、762UV計、702 pH計、および722導電率計 )
製造終了:2018年3月末
修理期限:2023年3月末

菌体濃度センサーBT65及びBT650
製造終了:2014年3月31日
修理期限:2018年3月31日


修理・校正

パーティクルカウンタ・モデル227A/B及び237A/B修理期限のご案内

平素よりMetOne製品を御愛用頂き、深く御礼申し上げます。

MetOne製パーティクルカウンタ・モデル227A/B及び237A/Bにつきまして、供給部品が残りわずかとなっており、この度修理期限をご連絡させていただく事と なりました。
ご連絡大変遅れました事を、合わせてお詫び申し上げます。
詳細に関しましては、下記PDFをご参照願います。

227A/Bの詳細についてはこちらです

237A/Bの詳細についてはこちらです

ラストバイ

Wedgwood製 菌体濃度センサー「BT65」 「BT650」製造終了のご案内

拝啓 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

平素はWedgewood製センサー製品のご利用を賜り厚く御礼申し上げます。菌体濃度センサー「BT65」及び「BT650」については、2014年に製造を終了しております。

また修理対応予定期間は2018年3月31日までになります。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、引き続きのWedgewood製品のご利用を心よりお願い申し上げます。

詳細はこちらのPDFをご確認ください。

トップへ戻る