TOPICS

新着情報

その他

【追記あり】サーバー移転のお知らせ

いつも格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は現在のWeb及びメールサーバーを新サーバーへ移転することといたしました。

移転作業の影響により、しばらくの間、表示等に支障又はメール送受信での不具合等が発生する可能性がございます。

当サイト及び弊社サービスをご利用頂いている皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが予めご了承ください。

サーバー移転作業日時:2019年11月1日(金)17時~11月2日(土)12時(作業終了予定時刻)

【追記】無事完了致しました。皆様にはご迷惑お掛け致しました。今後共、弊社をよろしくお願いいたします。

その他

【2019年10月1日からの消費税率改定に伴うお知らせ】

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて2019年10月1日からの消費税率8%から10%への改定に伴い、弊社の製品の価格についても消費税率を下記のように変更させていただきます。

(1)弊社出荷日が2019年9月30日までの製品については、現行税率(8%)を適用いたします。

(2)弊社出荷日が2019年10月1日以降の製品については、新税率(10%)を適用いたします。

校正・修理品を含め9月中の出荷をご希望のお客さまにおかれましては、早めのご依頼をお願い申し上げます。

ご依頼内容、修理内容等によっては、9月中の出荷が困難な場合がありますので、予めご了承のほどをお願い申し上げます。

ご不明の点がございましたら、弊社までお問合せ下さい。

その他

トランステック(株)によるWedgewood製の機器販売・サービス移管のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

平素はWedgewood製センサー製品のご利用を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、貴社にて長年ご利用いただいてまいりました「Wedgewood社製センサー(UV計、濁度計、透過度計、および濃度計)」は、トランステック(株)が20年に亘り輸入総代理店として提供してまいりましたが、今般、 旧Wedgewood社(現「Endress+Hauser Conducta社」)との代理店契約を本年12月31日付にて解消することになりました。これに伴いトランステック(株)からのこれら製品の国内販売およびサービスの提供が終了となります為、以下ご連絡いたします。

 

移管先:

・既設機器の保守・校正・機器単体販売:マイクロテック株式会社

・既設機器の更新・新規機器販売(保守・校正)エンドレスハウザージャパン株式会社

              記

1.既設機器のサービスと販売に関して

トランステック(株)からマイクロテック(株)へ移管。
・修理:パーツ交換(センサ単体、既設変換器の基板など)
・校正、メンテナンスなど
・機器単体販売:センサー単体(既設・廃止変換器との組み合わせ)

2. 既設機器の更新・新規案件の機器販売とサービスに関して

トランステック(株)からエンドレスハウザー ジャパン(株)へ移管。
・更新・新規:CM44P(現行プラットフォーム変換器)+センサー
・校正、メンテナンスなど
・修理(更新後・新規案件):パーツ交換(センサー単体、プラットフォーム変換器の基板など)

3. 開始時期:

・既設機器サービス対応:トランステック(株)からマイクロテック(株)へ移管
2019年9月1日

・既設機器更新・新規対応:トランステック(株)からエンドレスハウザー ジャパン(株)へ移管
2019年9月1日

これらについての問い合わせ、ご注文は開始時期より、エンドレスハウザー ジャパン株式会社、マイクロテック株式会社へお申し付けくださいますようお願い申し上げます。

Wedgewoodブランド製品をお使いいただいているお客様先にはお手数をおかけいたしますが、引き続きエンドレスハウザー社製品としてご検討、ご採用いただきたくことを心よりお願い申し上げます。

更なる詳細に関しては下記の【重要なお知らせ-Wedgewoodブランドのセンサー製品の国内販売サービス会社移行のご案内】のPDFよりご確認下さいますようお願い致します。

 重要なお知らせ-Wedgewoodブランドのセンサー製品の国内販売サービス会社移行のご案内 
その他

学術研究における粉塵計の利用【社外レポート】

様々なシーンで使われるTSI社製環境測定器。その具体例をご紹介させて頂きます。

 

日々変化していく環境を把握し、問題の早期発見・解決する為には専門家の研究がかかせません。

「空気・水・森林の化学情報を解読し、人と自然との共生の道を探る」

—そう標語を掲げている早稲田大学理工学学術院 創造理工学部 環境資源工学科の大河内 博教授率いる研究室では、環境に放出された無機・有機の様々な汚染物質の存在量を明らかにし、汚染物質がどのような経路で環境を移動し、その過程で環境やヒトに対してどのような影響を与えるのかを研究しています。

では、TSI社製環境測定器がどういった用途で使われているのかを見てみましょう。

 

CASE1:首都圏上空で,ゲリラ豪雨を作る“核”をとらえる

大気汚染物質がヒートアイランド現象により発生した上昇気流により上空へ運ばれ、PM2.5がゲリラ豪雨をもたらす雲を作る核となります。この現象により、ゲリラ豪雨が引き起こされる可能性があります。PM2.5を屋外で測定可能な「高性能粉塵計 リアルタイムダストエアロゾル・モニター」を、早稲田大学理工学術院のシンボルである“塔”の屋上(65 m)に設置し、首都圏上空におけるPM2.5の実態解明を行っています。

CASE2:富士山南東麗にて、PM2.5を一年間2分間隔で測定

 大気汚染物質を測定する上で、PM2.5(大きさが2.5μmより小さい粒子)のデータが必要になります。「高性能粉塵計 リアルタイムダストエアロゾル・モニター」にて、これまで明らかになっていなかった太平洋側における越境大気汚染の実態解明を目指しています。

CASE3:カンボジアの大気汚染とアンコール遺跡群への影響評価

高濃度PM2.5は健康被害やアンコール遺跡群など文化財の劣化を招きます。高濃度PM2.5を測定可能な「粉塵曝露モニター SIDEPAK」を用いて計則を行うことで、アンコール遺跡群周辺の大気汚染の実態解明だけでなく、熱帯性豪雨の発生に及ぼす大気汚染物質の影響解明を目指しています.熱帯地域における大気汚染と豪雨生成との関係を明らかになると,熱帯化しつつある日本における豪雨生成の将来予測にも役立ちます 。

世界各国の山頂・海岸・宇宙等で採用されているTSI社製環境測定器。その一例をお見せできたかと思います。

トランステックでは、信頼性の高い測定器を使用したエアロゾルソリューションで、産業・生活をサポート致します。

大河内教授研究室HP: https://www.okochi-waseda.com/ 

弊社取扱TSI環境測定器一覧:
https://www.transtech.co.jp/lineup/environmental-measuring-instrument

その他

ホームページリニューアルのお知らせ

平素より格別のご愛顧ありがとうございます。

トランステック株式会社はこの度、ウェブサイトのリニューアルを行いました事をご報告致します。この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し「新しく分かりやすく」情報をお伝えできればと考えております。

リニューアルにより、一部ページのURLが変更され、ブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」よりアクセスできなくなっている可能性も御座います。お手数おかけして申し訳ございません、再度登録をお願いいたします。

また、日頃から当ホームページを閲覧頂いているお客様はブラウザの履歴を削除していただくとリニューアル後のページになります。

今後も、お届けする内容含め、より良いWEBサイトの提供を目指してまいりますので、引き続きよろしくお願い致します。

その他

ベックマン・コールター社のMetOne気中パーティクルカウンタ 販売体制の変更につきまして

平素よりMetOne気中パーティクルカウンタをご愛用頂き、厚く御礼申し上げます。

トランステック株式会社(以下弊社)は、ベックマン・コールター社製MetOne気中パーティクルカウンタの総販売元(ハンディタイプ除く)として長らく活動をしてきましたが、この度、ベックマン・コールター社の販売戦略の変更により、弊社の他にも国内販売元を設けることになりました。

この変更に伴い、弊社は、ベックマン・コールター社と直接取引をもつMetOne気中パーティクルカウンタの日本国内販売元となります。

弊社は、MetOne気中パーティクルカウンタを30年以上にわたり取扱ってきた実績があり、コンタミネーションコントロールに関して蓄積した技術力・アプリケーション開発実績を有しております。また、リモートパーティクルカウンタで構成される清浄度監視システムにおいては、システム設計・設置・IOQ並びにオンサイトでの校正・メンテナンス等を引き続き承ります。

MetOne気中パーティクルカウンタにつきましては、弊社に引き続きご用命いただきます様お願いいたします。


詳細はこちらをご覧下さい

トップへ戻る