空中浮遊菌エアーサンプラー BIOSAMP MBS-1000N

メーカー詳細

高捕集率を可能にした画期的なハンディタイプのエアサンプラ

環境微生物測定の重要性の高まりとともに、製薬・医療器具・食品・化粧品などの製造業及び医療・ビル・住居などの数々の現場において空中浮遊菌に関する調査・研究・測定が行われています。

ミドリ安全社製 BIOSAMP MBS-1000Nは、高捕集効率・携行性のよさ・市販培地の使用・廃棄汚染防止等、装置をご利用になる上で利便性と実用性に優れた製品です。

BIOSAMPは浮遊菌測定のお悩みに最適なソリューションを提供いたします。

製品概要

特長

オプション

仕様

製品概要

  • 国際規格: ISO14698-1 浮遊微生物汚染の測定に関するガイドラインに準拠
  • 高捕集効率: JIS K 3836「空中浮遊菌測定器の捕集性能試験方法」にて99%の捕集効率を実証
  • 培地: 市販培地(90mmシャーレ)の使用が可能。【培地厚さ6.5mmに対応】
  • 廃棄汚染防止:排気口にHEPAフィルタを標準搭載。サンプラからの排気による汚染を防止します
  • 滅菌方法: 本体は蒸気過酸化水素滅菌に対応。ノズルはオートクレーブ滅菌・乾熱滅菌可能
  • キャリブレーション: 吸引流量・吸引時間校正に加え、捕集効率測定も可能です

特長

1.高捕集効率

ISO-14698-1「クリーンルーム及び関連制御環境-微生物汚染制御-第1部 一般原則及び方法」では、微生物汚染を評価するための方法について規定されています。

ISO14698-1の附属書A.Bではそれぞれ

  • 附属書A「浮遊微生物汚染の測定に関する指針」では、微生物粒子の測定に使用するエアサンプラの要件
  • 附属書B「空気サンプラの妥当性確認に関する指針」では、サンプラの捕集性能の測定方法

について規定されています。

BIOSAMP MBS-1000Nは、この規格の試験において、生物粒子(枯草菌芽胞)で高捕集率であることが確認されています。

2.環境を妨げないエアフロー

BIOSAMP MBS-1000Nは、測定空間の気流を乱さないよう。吸気と排気が一方向の流れになるように設置する事が可能です。

三脚などの使用によって底面を開放して設置する事で、一方向の流れとなります。

また、排気口にHEPAフィルタを搭載している為、排気によるコンタミネーションを防止します。

3.用途に応じた柔軟なサンプリング

BIOSAMPは市販の培地(90mmシャーレ)が使えるため消耗品のコストを抑えることができ、培地が入手困難になるリスクを抑える事ができます。【培地厚さ6.5mmに対応】

4.軽量で持ちやすいく、人間工学に基づいた構造

使い勝手を考慮したデザインと軽量化を達成。重量は1.5kgで持ちやすい形になっています。

また、表示部が見やすく日々のサンプリングを快適にご利用いただけます。

 

オプション

キャリングケース
捕集ノズル
遠隔サンプリングキット

仕様

サンプリング方式慣性衝突法
使用培地90(mm)シャーレ寒天培地、適応シャーレ外径:86~92(mm)
吸引流量100[ℓ/min]
捕集効率99%※1
サンプリング量10~1500(ℓ)
ディレータイマー0~9999(s)
バッテリー種類リチウムイオン電池(内臓)
運転時間約6時間(25℃環境)※2
残量表示LED表示(3段階でお知らせ)
ACアダプター専用アダプター、入力AC100~240(V)
本体質量1.5(kg)
サイズ高さ 234(mm)×幅 110(mm)×奥行 180(mm)
材質捕集部アルミ
本体樹脂(PPE、ABS、PP)
滅菌捕集部オートクレーブ
本体(停止のみ)蒸気過酸化水素
吸引流量自動調節流量(差圧)センサ搭載
使用環境条件5~35(℃)、80%Rh以下

※1 JIS K 3836「空中浮遊菌測定器の捕集性能試験方法」非生物粒子1~2μmにて
※2 バッテリー運転時間は、ご使用条件やバッテリー寿命等により短くなる場合があります

ミドリ安全

メーカーの詳細はこちら

トップへ戻る