ラスキンノズル式 エアロゾル発生器

メーカー詳細

平均粒径0.3-0.5μmのDOPやPAOスモーク粒子を圧縮空気源のみで発生。

HEPAフィルターのスキャニングテストやパーティクルカウンターを用いたフィルターリーク試験等にご利用いただけます。

 

製品概要

仕様

製品概要

本エアロゾルスモーク発生器(ST(N)-5D型)は、ラスキンノズル(1本)を用い、圧縮空気使用圧:35KPa~350KPa(0.35kg/cm2~3.5kg/cm2)によるバブリングにより、平均粒径 0.3-0.5μmのDOPやPAOスモーク粒子を圧縮空気源のみで発生できます。

圧縮空気源がない場合、別途エアコンプレッサーが必要になります。

仕様

発生方法JIS B 9927規定のラスキンノズル 圧縮空気によるバブリング
使用スモークDOP(ディオクチル フタレート)、DOSまたはPAOなど
スモーク発生量およそ0.15~3g/分
発生平均粒径0.3~0.5μm
必要供給圧縮空気30~300リットル/分 @35~350Kpa
タンク液量Max.2リットル
容器ステンレス(製)
寸法380mm(H)×110mm(Φ)<円筒形>
重量約4.5kg
Transtechトランステック株式会社

メーカーの詳細はこちら

トップへ戻る