空中浮遊菌エアーサンプラー BIOSAMP MBST-2000C

メーカー詳細

捕集部のみを無菌操作区域内に設置可能

アイソレータ用 空中浮遊菌サンプラーBIOSAMP MBST-2000CはアイソレータやRABSでの微生物及び菌の環境モニタリングの為の装置です。

捕集部のみをアイソレータ、安全キャビネット、RABS等の無菌操作区域内に設置できる定置型のサンプラで、コンタミネーションの防止・高捕集率・信号制御により空中浮遊菌のサンプリングに最適なソリューションを提供いたします。

主に製薬、研究所および病院などでご利用いただけます。

 

製品概要

特長

仕様

製品概要

  • 規格: JIS B 9918-1(ISO 14698-1)「クリーンルーム及び関連制御環境 -微生物汚染制御- 第1部:一般原則及び基本的な方法」に準拠
  • 高捕集効率: JIS K 3836「空中浮遊菌測定器の捕集性能試験方法」にて99%の捕集効率を実証
  • 培地: 市販培地(90mmシャーレ)の使用が可能。
  • 捕集方法: 無菌操作区域内に捕集部を設置することで、培地を設置する際やサンプリング中のコンタミネーションを防止します
  • 廃棄汚染防止:排気口にHEPAフィルタを標準搭載。サンプラからの排気による汚染を防止します
  • 滅菌方法: ノズル部はオートクレーブ滅菌・乾熱滅菌可
  • 制御: リモートスタート機能搭載・流量低減時の警報信号出力機能搭載

特長

1.高捕集効率

BIOSAMP-2000Cは製品検査時にJIS K 3836「空中浮遊菌測定器の捕集性能試験方法」にて捕集効率が99%以上であることを全数確認しております。(非生物粒子 粒形1~2μm)

ご要望により、定期校正時に捕集性能試験も可能です。

2.用途に応じたサンプリング

BIOSAMP-2000Cは市販の培地(90mmシャーレ)が使えるため消耗品のコストを抑えることができ、培地が入手困難になるリスクを抑える事ができます。

3.アイソレータ対応の設計

BIOSAMP-2000Cは捕集部のみをアイソレータ等無菌操作区域内に設置可能な専用設計により、培地設置時やサンプリング中のコンタミネーションを防止します。

また、リモートスタート機能や流量低減時の警報信号出力機能により遠隔でのサンプリング・異常の検知が可能です。

仕様

型式MBST-2000C
サンプリング方式慣性衝突方式
シャーレ外径Φ90mm(適応外径:Φ86~92mm)
吸引流量30ℓ/min±10%
捕集効率99%(非生物粒子:粒径1~2μm)※1
消費電力115W(50/60Hz)
サンプリング時間38分±0.5%
サンプリング量1,000ℓ
製品質量本体:13kg 捕集部:1kg
外径寸法本体:W247×D298×H290mm
捕集部:再外径Φ116×H135mm
材質本体:ステンレス(SUS304)
捕集部:アルミニウム(アルマイト処理)、テフロン
出力信号運転信号:無電圧出力   警報信号:無電圧出力
入力信号無電圧接点入力により運転
電源AC 100V 50/60Hz
使用条件温度:5~35℃、湿度:80%以下(結露のないこと)
ミドリ安全

メーカーの詳細はこちら

トップへ戻る